カラダの研究

理想の体をつくる習慣、動きを変える考え方を求めて

文鎮刈り

 

 

 

あれは、山嵐や空気投げと並び称される幻の技、
「文鎮刈り」じゃねぇか…

 

ビュンと春兵! 3 (少年サンデーコミックス) 

 

 

 

柔道漫画で主人公が習得する必殺技…幻の投げ技というと「山嵐(やまあらし)」のイメージが強いですよね。講道館柔道の西郷四郎さんの得意技で、相手の逆襟を掴んでタコ足で跳ね上げる投げ技。それと、三船久蔵さんが考案されたという足も腰も払わずに投げる「空気投げ(隅落とし)」も有名ですね。


この漫画で、さらにもうひとつの幻の投げ技「文鎮刈り」という技があるのを初めて知りました。


漫画の描写(見た目)では、とても素早い小内刈りから大内刈りへの連絡技のようですね。小内刈で相手の片足を浮かせた状態で、さらに連続で大内刈へと連携…柔道の書籍やDVDでは連絡技として紹介されているものでしょうか?とても興味深いです。


ネットで「文鎮刈(ぶんちんがり)」を検索してみると、柔道家の山本昇八段という方が「文鎮刈の名手」だそうですね。でも、実際の映像や具体的な資料はないようで、詳細が見つからず、とても気になっています。一番の疑問は、なぜ「文鎮(ぶんちん)」という名前がついているのか…技名の由来が知りたいです。