からだのどくしょ

食事・美容・運動

底を抜く

 

 

 

 

武蔵殿はそこで「底を抜く」という事を実践していたのです!


底を抜く?


戦意を喪失させるという事です…

 

 超訳 五輪書

 

 

 

 

剣術の達人・剣豪「宮本武蔵」を描いた漫画で、巌流島で佐々木小次郎との決闘に勝利してから後のお話。

 


とくに、印象的だったのは、相手の戦意を喪失させる「底を抜く」のくだり。相手にトドメを刺すという行為は、「命を奪う(殺す)」こと以上に、その後の遺恨(敵討ち)を残さないように「心を奪う」ことが大事だったみたいですね。