カラダのことはわからない

健康・運動・食事・ダイエットの日記

子供の運動能力の低下は、外遊びが減ったから?

 

 

ヤフーニュースさんで紹介されていた記事が気になりました。運動ができない子供が増えているという内容。子供の身体能力は外遊びで養われるもの、やらされている運動では逆に体を故障させるのだと感じました。

 

 

 

では、スポーツをさせれば、体力も運動能力も身に付くのかといえば、私は必ずしもそうではないと思います。

 

スポーツは成長期を終えた大人が楽しむために考え出されたものが多く、例えば、利き腕の使用頻度が高いなど、体の特定の部分を中心に使うケースが目立ち、その箇所だけが発達することも多いのです。

 

50M走で骨折、片足で立てず…子どもの体に何が?(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース

 

 

 

私も、子供さんに指導していて、体が使えていないということを感じています。足の指でグーパーができない。逆立ち(倒立)ができない。うまく転がれない。

 

つまり、指先が使えず、腕力が低下していて、バランス感覚が鈍化している状態に思えます。

 

スポーツというパターン化された運動は部分の強化(筋肉・能力)にはなっても、トータル的な身体能力が育たないのかもしれないですね。

 

決まり事もルールもない、すべてが自由な外遊び。いろいろな運動パターンで楽しく動くことが大切なのだと感じました。