カラダの研究

理想の体をつくる習慣、動きを変える考え方を求めて

金魚の重心

 

 

 

「安藤、金魚の重心はどこにあるか知っているか」


(中略)


「金魚の重心は尻尾と頭だよ」


私はその答えにしばし考え込んだあと、なるほど、と思った。2つあるから、瞬間的に方向転換することができるのだ。

 

 

中心力の時代―つながりの武道で気づく本当の自分 

 

 

 

 

 

養神館合気道初代館長の塩田剛三さんは、体捌き(足捌き)の極意を掴むために、金魚鉢の金魚を見続けて研究されたそうです。

 


そして、金魚は頭と尾ヒレを使って瞬時に方向転換することに気付いたそうですね。

 


養神館さんの映像で、塩田剛三さんが“首の張り”と“仙骨への集中”を強調されている指導場面を拝見しました。

 


意識するポイントとして、首と仙骨を挙げられていたのですが、この二点が金魚でいうところの重みが集まっているところなのかもしれないですね。

 

 

 

asin:4894224658