カラダの研究

理想の体をつくる習慣、動きを変える考え方を求めて

塚原卜伝、稽古の極意

 

 

 

 

 

 

室町時代後期に新当流の祖といわれる塚原卜伝(つかはらぼくでん)という剣豪がおりました。あるとき、彼のところに一人の修業者が弟子入りしたいと現れます。


(中略)


その弟子が卜伝に尋ねます。
「先生、わたしは一生懸命稽古に打ち込みます。そうしたら何年で免許皆伝になれますか」


塚原卜伝は、「お前はなかなか筋がいいから、一生懸命やれば五年で免許皆伝になれる」と答えます。


その男は五年では不満だったのでしょうか。さらに尋ねます。


「それではわたしは、寝食を忘れて修業に打ち込みます。そうしたら何年で免許皆伝になりますか」


「十年で免許皆伝になる」

 

 

 『ひろさちやのビジネスによく効く宗教』より

 

 

 

 
剣の道で一人前(免許皆伝)になるためには、一生懸命やって5年かかる。でも、もっと頑張ったら逆に10年かかると言われてしまったお弟子さん。師匠の言葉(意味・意図)を理解できず、問答はさらに続きます。


「それでは死に物狂いで修業に打ち込みます。そうすると何年で免許皆伝になりますか」と。でも、「一生、免許皆伝は無理だな」と、期待した答えがまったくもらえず、ただただ戸惑う。


やればやるほど成果が上がる、上達が早まると考えての質問。半分の時間(期間)とはいかないまでも、3年くらいには短縮して欲しいところ。早く強くなりたいから頑張りたい。熱心でマジメな人ほど逆効果?頑張るほどにゴールまでの時間が増えていくのは疑問ですもんね。


これは、「稽古(感覚の習得)には、ある程度の時間が必要」ということでしょうか。休みなく連続してやりすぎると感覚がマヒしてしまい、適正に感じられなくなるということなのかもしれないですね。


例えば、味覚ですと、カレーライスやラーメンを美味しいと感じても、三食、毎回同じだと美味しさが鈍っていく。どんなに大好物であっても、毎日毎食ずっと食べ続けたら、同じ味に飽きてしまう。「美味しい」と感じるには、食べてから次に口にするまでに時間を空けることが必要ですよね。


動作の感覚も同様で、練習で感じた感覚を一度リセットするための「空き時間」が必要なのだと感じました。