カラダの研究

理想の体をつくる習慣、動きを変える考え方を求めて

『心の脳科学―「わたし」は脳から生まれる』を読む

 

 

 

心の脳科学―「わたし」は脳から生まれる (中公新書) 

 

 

 

「ミラー・ニューロン」と呼ばれる神経細胞の働き。自分が普段行っている慣れ親しんだ動作・運動であれば、他人の行動を目で見るだけで脳が活動するそうですね。

 

 


腹側運動前野には、サルが特定の動作、特にものをつかむような動作をしているときに活動する神経細胞が存在します。


そのサルが手を動かしていなくても、別のサルが同じ動作を行っているのを見ていると、この同じ神経細胞が活動するのです。


つまり、相手の動作を脳内でコピーしているような活動をする、ということからミラー・ニューロンと呼ばれています。

 

 

心の脳科学―「わたし」は脳から生まれる

 

 

 

別の書籍で読んだのですが、中国武術では、流派の極意を伝えるための指導方法に「黙念師容(もくねんしよう)」というものがあるとのこと。


師匠は弟子に秘伝とされる技を一度見せるだけで、お弟子さんは見たイメージを忘れずに型稽古の蓄積を続ける(功夫を養う)。正しいイメージがあれば上達し、逆に、イメージが無いままいくら形だけを練習してもレベルアップはできないという話が印象的でした。


テレビやDVD、ネット動画など、素晴らしいスポーツ選手の動きを映像でたくさん見られる現代は、よりハイレベルなアスリートが育ちやすい環境にあるのかもしれないですね。

 

 

 

 

心の脳科学―「わたし」は脳から生まれる (中公新書) 

作者: 坂井克之
出版社/メーカー: 中央公論新社・中公新書
発売日: 2008/11/25
メディア: 新書

[asin:4121019725]