書籍『跳び箱とさかあがりができる本―家庭で、学校でやれる練習法 中島先生の体育教室 / 中島清貴』

 

 

 

跳び箱とさかあがりができる本―中島先生の体育教室 

 

 

体育の授業で学ぶ運動、どのような練習をしたら、うまくなるのかについて書かれた本です。

 

 

f:id:hann3:20170826092539j:plain

 

 

上達するのに必要な感覚を身につけるためのトレーニング方法が、とても具体的に掲載されていて興味深いです。成功例だけでなく失敗例も紹介されていて、学校の先生が実際に実証された方法のようですね。

 

 

f:id:hann3:20170826092600j:plain

 

 

シーツを使ったり、すのこをつかったり、ご家庭にあるものを使って楽しくできるアイデア特訓…闇雲に練習を繰り返しても、跳べるようにはならない、習得にはコツがあって、できるようになるための工夫がなければ、何度やっても同じなのだと勉強になりました。

 

 

 

 

 

跳び箱とさかあがりができる本― 家庭で、学校でやれる練習法 中島先生の体育教室 

作者: 中島清貴(大阪市立生魂小学校教諭)
出版社/メーカー: 学習研究社
発売日: 2004/04
メディア: 単行本

[asin:405402355X]