読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぜんそく(気管支炎)の原因となるタンパク質が判明?

 

 

 

ぜんそくなど重いアレルギー疾患を引き起こすたんぱく質を発見し、発症の仕組みを解明したと、千葉大の中山俊憲教授(免疫学)のチームが16日の米科学誌 サイエンス・イムノロジーに発表した。このたんぱく質の働きを止める抗体を投与することで根本的な治療が期待できるという。

 

<ぜんそく>発症の仕組み解明 血管にたんぱく質 千葉大 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

 

 

 

免疫細胞によって惹き起こされるアレルギー反応。免疫細胞を血管の外へと出るための通り道を作ってしまうタンパク質「ミル9分子」の働きを抑えることで、炎症を防ぐことができるという研究結果が興味深いです。

 

 

 

 

ぜんそくは気管支などが炎症を起こし、気道がふさがって呼吸困難を引き起こす。アレルギー反応を起こした病原性免疫細胞が血管の外に出て、炎症の原因となることが既に判明していた。

 

 

<ぜんそく>発症の仕組み解明 血管にたんぱく質 千葉大 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

 

 

マウスの実験では、免疫細胞が血管の外へと出ることがなくなったそうで、新しい治療薬が作られるまでもう少しのようです(^-^)

 

 

headlines.yahoo.co.jp