読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング/板羽忠徳』に紹介されている髪様シャンプーの方法

健康思考

 

 

読書書籍:20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社+α新書)

 

 

 

髪様シャンプー法


シャンプーは過剰な皮脂や汚れを落とすことも大切ですが、頭皮をマッサージしながら洗うことがもっとも大切です(ここでは指使いがわかりやすいように、ショートカットの男性モデルを使い、シャンプー剤をつけないで行っていますが、女性の場合も同じです)。


筆者のサロンではこのシャンプー法を「髪様シャンプー」と呼んでいます。

 

 

『20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社+α新書)』より

 

 

 

10月18日のゲンキの時間で紹介されていました“髪様シャンプー”の本です。注文した本が届いて、さっそく読了しました。


帯の紹介文に『TBS「アカルイ★ミライ」に著者出演!』と書いてあったので、数年前にもテレビで話題になっていたようですね。


この本では、頭皮をマッサージする「髪様シャンプー(洗頭)」の具体的なやり方や注意する点がわかりやすいですね。番組で紹介されていた指の組み方も掲載されていました。


「マッサージシャンプーの基本は、両手の指頭(指紋の渦巻きの中心と指先の中間あたり)が、しっかりと頭皮にくっついていることです」とのこと。指の腹の使い方がポイントみたいですね。


その他、頭や腰を指圧するツボ、肩こり解消の腕回しなど、脱毛(薄毛・白髪)予防に役立つ方法が興味深いです。それに、毛髪ゼロ、つるつる坊主の状態から完全回復することもあるようです。体質や人にもよるのでしょうけれど、絶大な効果に驚きました。

 

 

f:id:hann3:20151103094531j:plain

 


とくに、印象に残っているのが「薄毛・ハゲの人の脱毛部の頭皮温度を調べてみると、側頭部や後頭部よりハゲやすい前頭部や頭頂部は、1~3℃低く血流が悪くなっています」というくだり。手足の指先だけでなく、頭頂部も末端なのですね。血行不良になりやすい部位だからハゲるのだと勉強になりました。


そういえば、以前「逆立ちが健康に良い」と聞いたことがありますが、頭頂部の血の巡り的にも良さそうですね。「頭に血がのぼる」というと、あまり良いイメージではありませんが、たまには倒立をして、頭皮(毛髪)の温度を高くすると良いのかもしれないですね。

 

 

 

20歳若く見える頭髪アンチ・エイジング (講談社+α新書)

作者: 板羽忠徳
出版社/メーカー: 講談社
発売日: 2012/06/21
メディア: 新書

ISBN-13: 978-4062727648




もくじ


まえがき 髪は若さのシンボルです
第1章 なぜ薄毛や脱毛が起きるのか?
第2章 正しいマッサージシャンプーとスカルプケア
第3章 頭皮を正常に保つことが大切
第4章 スカルプケアで改善された症例
第5章 有効な育毛剤と食事法
第6章 試してみたい民間療法から未来療法まで
あとがき